【高額謝礼】イギリスの治験はやばい?3つの理由と注意点!追加報酬もあり

【景品表示法に基づく表記】当サイトはPRを含む場合があります

悩む人

イギリス治験のことを知ったけど、やばいのかな?

海外の治験ってだけでなんだか抵抗がある

これらの悩みに答えます。

イギリス治験は、名前のとおりイギリスで受ける治験のこと。

治験は、新しい医薬品や医療法を開発し、国からそれらの承認を受けるために必ず必要となる臨床試験の一環です。

治験に参加すれば謝礼金がもらえますが、イギリス治験はもらえる謝礼金が高額なので気になっている人も多いですよね

そこで、本記事ではイギリス治験の実態や、やばいと言われる理由なども解説していきます。

イギリスの治験とは?やばいのか?

イギリスの治験とは?

イギリス治験は、イギリスで日本人を対象とした治験を受けること

海外の製薬会社では、人種によって薬の効果に差が出るのかも検証しているため、日本人枠が用意されることがあります。

そこで日本在住の人でもイギリスに行って治験に参加することが可能

国内の治験との違いは、イギリスまでの往復交通費や滞在中のホテル代、生活費などが支給され、さらにもらえる謝礼金が大きいことです

イギリス治験の報酬例

治験の名称報酬金額
男性長期治験2023116万円(詳細
炎症性腸疾患の治験70万円(詳細
治験薬比較の治験73万円(詳細
イギリス治験の詳細と報酬金額

謝礼金の多さは魅力的ですが、イギリス治験になんとなく抵抗感を持っている方も多いですよね。

なんだか怖いと感じるイギリス治験ですが、日本の治験と比べてやばいのかどうか解説していきます。

イギリスの治験がやばいと言われる理由

イギリス治験がやばいと言われる主な理由は以下の3つです。

  • 副作用がありそう
  • 報酬が高すぎる
  • 意思疎通できなそう

それぞれ解説していきます。

イギリスの治験がやばいと言われる理由①:副作用がありそう

たしかに販売前の薬を投与するため、副作用が発生するリスクはあります。

しかし、それは日本の治験でも同じこと

イギリス治験では、人種間の違いを調査することが多いため、欧米人に投与して問題なかった薬が扱われることが多いです。

全く危険性がないとはいえませんが、すでに人間に投与している分リスクは少ないといえます

また、治験以外の仕事でも事故でケガや病気になってしまうことはありますよね。

たとえば、工事現場での仕事やトラックの運送など。

死亡する割合を考えると、治験よりも一般的であるこれらの職業の方がよっぽど高いといえます。

イギリスの治験がやばいと言われる理由②:報酬が高すぎる

イギリスの治験がやばいと言われる理由②:報酬が高すぎる

イギリス治験は100万円以上の謝礼金がもらえることも珍しくなく、日本の治験と比べて報酬額が大きいです。

さらに、イギリスまでの往復交通費や現地での宿泊費までも支給されるので、報酬が高すぎて逆に不安な方もいるかもしれません。

たしかに、「報酬が高い=危険、きつい」といったイメージはありますよね。

しかし、イギリス治験の報酬が高いのには別の理由があります。

イギリス治験では現地の給与水準に合わせて謝礼金が支払われることが理由です

イギリスの給与水準は日本よりはるかに高いので、高い報酬がもらえるのは当然ですね。

日本とイギリスの最低賃金

国名最低賃金
イギリス約2133円(11.44ポンド)
日本1004円(全国平均)

円安の影響もありますが、イギリスの最低賃金は日本の2倍以上です。

日本で働くのは馬鹿らしくなりますね...

イギリスの治験がやばいと言われる理由③:意思疎通できなそう

イギリスの治験がやばいと言われる理由③:意思疎通できなそう

イギリスは公用語が英語なので、もちろん日本語はほとんど通じません。

そのため、「言葉が通じない中で治験を受けるのはこわい」という方も多いですよね。

治験は施設内で何泊か宿泊するため、ずっと日本語が通じないのは不安に感じてしまいます。

でも安心してください。

日本人ご用達のイギリス治験会社である「リッチモンド・ファーマコロジー」では、日本人スタッフが24時間常駐してくれています。

英語の話せる日本人スタッフがサポートしてくれるので、英語が一切話せなくても全く問題ないですよ

このように、イギリスの治験はやばいものではありません。
日本で働くよりも短期間で高額な謝礼金がもらえるので、日程に余裕のある方は参加してみるとよいでしょう。

ちなみに、「リッチモンド・ファーマコロジー」では、紹介キャンペーンが行われており、紹介を利用するだけで約23,000円(125ポンド)が追加でもらえます!

\紹介利用で125ポンドもらえる!/

イギリス治験の紹介はコチラ

当サイト限定です!

イギリス治験はやばい?体験談

ネットでイギリス治験を実際に体験した方の記事を見つけたので、一度読んでみるといいです。

≫イギリス治験の体験談はコチラ

治験での不満も書かれており、やはり実際に体験した話は参考になる部分が多いです。

イギリス治験はやばい?注意点

イギリス治験はやばい?注意点

注意点1. ハーフやクォーターの方は参加条件を満たさない場合も多い

イギリス治験では人種間の効果の違いを検証するため、純日本人であることを参加条件としている案件が多いです。

なので、両親や祖父母のいずれかが外国人の場合、参加できない案件も多いので注意。

ただ、中には参加できる案件もあるため、イギリス治験に興味があるなら登録だけでもしておくとよいです。

\紹介利用で125ポンドもらえる!/

イギリス治験の紹介はコチラ

当サイト限定です!

注意点2. 食事などの制限がある

イギリス治験では、事前検診の直前に以下のような制限が課せられます。

  • 数日前から柑橘類の食べ物禁止
  • 3ヶ月前から喫煙禁止
  • 48時間前からカフェイン禁止
  • 激しい運動禁止
  • 事前検診当日は絶食不要

健康診断の前にも同じような制限はありますよね。

ただ、制限を守らないと飛行機代やホテル代が支給されない場合もあるので要注意です。

注意点3. 事前検診が通っても最後までいけるとは限らない

事前検診を無事通過したとしても、最終的な治験参加者には選ばれない可能性もあります。

なぜなら、治験会社は補欠要員として定員よりも多くの人を確保しているからです。

もし治験参加者に選ばれなけば、すぐに帰国の準備をすることになります。

ただ、最終的な治験参加者になれなかったとしても事前検診の謝礼や入所手当などはもらえるので安心してください
(もちろん往復の飛行機代やホテル代も支給されます)

さらに詳しくはコチラの体験談を読んでみるといいでしょう。

イギリス治験はやばい?よくある質問

1. イギリス治験はどのように申し込めばいい?

イギリス治験に参加する際にほとんどの日本人が利用する「リッチモンド・ファーマコロジー」という会社に登録すれば、参加したい治験に申し込むことができます。

案件募集の際にはメールで教えてくれるので、まずは登録だけでもしておくとよいです。

\紹介利用で125ポンドもらえる!/

イギリス治験の紹介はコチラ

当サイト限定です!

2. 治験ついでにイギリス観光もできる?

2. 治験ついでにイギリス観光もできる?

はい、事前検診や事後検診の結果が出るまでには時間がかかるため、空いた時間でイギリス内を自由に観光することができます
(鉄道でパリ、飛行機で他のヨーロッパの国に行くことも可能)

日本からの往復飛行機代やホテル代がかからずに観光できてしまうのは、イギリス治験の大きな魅力ともいえます。

イギリス治験はやばい?評判・口コミ

他にも実際に治験を受けた方の口コミはコチラのURLから確認できます。

イギリス治験をするなら紹介利用がオススメ

ここまで読んでくれた方の中には、「なんだかイギリス治験に参加したくなってきた」と思っている方もいますよね。

もしそうなら紹介を使ってみるのが圧倒的にお得です。

イギリス治験の会社である「リッチモンド・ファーマコロジー」では、当サイトからの紹介を利用で、なんと125ポンド(約23,000円)ももらえます。

※当サイト以外の紹介を利用しても特典はもらえないので注意が必要

紹介について詳しくは下の記事でまとめています。

≫ロンドンで治験するなら紹介を利用すべき!【23000円追加でもらえる】

紹介を利用せずに登録してしまうと、1円ももらえないので気をつけてくださいね。

紹介を使ったとしても必ず治験に参加しなければならないわけではないので気軽に利用してみてください。

まとめ:イギリス治験はやばくない!高額な謝礼金がもらえる!

今回は、イギリス治験はやばいのかについて解説してきました。

結論、イギリス治験は全くやばいものではありませんでした

イギリス治験のイメージと実際

  • 副作用がありそう→他の職業に比べてケガ・病気の割合は少ない
  • 報酬が高すぎる→イギリスの給与水準が高いから
  • 意思疎通できなそう→日本人スタッフが常駐

イギリス治験では日本人スタッフが翻訳してくれ、高額な謝礼金ももらえるので、日本で治験を受けるよりも大きなメリットがあります。

治験ついでにイギリス観光もできるので、気になった方は日本人御用達の「リッチモンド・ファーマコロジー」で応募してみるといいでしょう。

ぼくの紹介を利用すれば125ポンド(約23,000円)がもらえるので、下の記事を参考に利用してみるといいです。
(当サイト限定特典)

≫ロンドンで治験するなら紹介を利用すべき!【23000円追加でもらえる】

  • この記事を書いた人

こうわ

23歳|旧帝大理系→ブラック研究室→大学院中退して就職|ブログ200記事以上|Kindle出版|旅が趣味|自分の経験や知識についてブログを通して発信しています。 投資については「crypto資産運用」というメディアで発信中。

-副業, 旅行
-, , , , , ,