ロサンゼルスの空港移動に最適!Flyawayの乗車方法,注意点,料金を実際乗った筆者が解説

【景品表示法に基づく表記】当サイトはPRを含む場合があります

悩む人

ロサンゼルス空港から市内はどうやって移動するの?

Flyawayっていうのがいいって聞いたけど詳細を知りたい。

これらの悩みに答えます。

Flyawayはロサンゼルス空港と市内を結ぶ高速バスのことです。

ロサンゼルス空港は鉄道が乗り入れていないため、市内まではバスかタクシーを使っての移動が一般的。

タクシーは料金が高いので、ぼくはFlyawayを利用して実際に空港と市内を往復しました。

そこでFlyawayの乗車方法や注意点など、実際に利用して感じたことを解説していきます。

ロサンゼルスのFlyawayとは?

Flyawayは、ロサンゼルス空港の各ターミナルと市内中心駅であるユニオンステーション、北西にあるVanNuysの2ヶ所を結ぶ高速バスです。

ネットの口コミでは、ハリウッドやロングビーチ、West Wood行きのバスもあると書かれていますが、コロナ後になくなっているので注意

観光なら基本的には空港とユニオンステーションの移動になるでしょう。

ユニオンステーションは交通の拠点となる駅なので、地下鉄やバスがたくさん出ています。

【ロサンゼルス空港~市内】Flyawayとタクシーの比較

もちろんタクシーの方が快適に空港から市内まで移動できますが、料金の高さがネックです。

Uberで調べてみたところ、空港からユニオンステーションまでは最も安くて44.96ドル(約7,194円)かかりました
※1ドル160円で計算

4人乗りで割り勘するならかなり安くなりますが、そうでなければけっこう痛い出費ですよね。

Flyawayは本数も割と多く、簡単に乗れるのでタクシーよりもFlyawayの方がオススメです。

Flyaway:ロサンゼルス空港〜市内の料金や時刻表

料金はどちらの行き先へも片道9.75ドル。

ユニオンステーション〜空港は午前3:00〜午後11:30まで30分間隔で運行しています。

ユニオンステーション〜空港の時刻表

空港〜ユニオンステーションは午前5:40〜翌朝1:10まで30分間隔で運行しています。

空港〜ユニオンステーションの時刻表

Flyaway:ロサンゼルス空港〜市内の乗車券購入方法

Flyawayのチケット購入方法は主に以下の3つがあります。

  • WEB購入
  • アプリ購入
  • コンタクトレス決済(バス車内)

※現金では乗車できないので気をつけましょう。

この中で最もオススメなのは3つ目の「コンタクトレス決済」です。

理由は、事前にアプリのダウンロードや購入しておく必要がないから。

事前購入の場合、万が一バスに乗れなくても返金されることはありません。
ホテルから出るのが遅くなったり、地下鉄を乗り間違えたり、事前にチケットを購入していてもFlyawayに乗れない可能性は十分あります。

しかし、コンタクトレス決済ならバス乗車後にカードをかざして支払うだけなのでめちゃくちゃ便利です。

ロサンゼルスのFlyaway:コンタクトレス決済とは?

ロサンゼルスのFlyaway:コンタクトレス決済とは?

上記のマークがついたクレジットカードをバス車内の機械にかざすことで、Suicaのように簡単に支払いができます。

コンタクトレス決済には、ぼくも使っている「エポスカード」の利用がオススメです。

引用:エポスカード公式サイト

エポスカードを持っていると海外旅行保険が無料で付いてくるので、特に医療費の高いアメリカでは絶対に持っておくべきと言えます。

※航空券や空港までの交通費SuicaチャージOK、現地での交通費をエポスカードで支払った場合

アメリカの医療費の例

種類料金
一般の初診料約150~300米ドル(24,000~48,000円)
専門医の初診料約200~500米ドル(32,000~80,000円)
入院室料約2,000~3,000米ドル/日(320,000~480,000円/日)
虫垂炎入院・手術(1日入院)約1万米ドル以上(1,600,000円以上)
歯科治療約1,000米ドル/本(160,000円/本)
参考:在ニューヨーク日本国総領事館ホームページ

※1ドル=160円で計算

万が一のことが起こって旅行だけでなく人生も台無しにしないために、海外旅行保険に加入するかエポスカードは持っておきましょう

ちなみに以下の紹介番号を使ってエポスカードを発行すれば2,500円がもらえてお得です。

エポスカードの紹介番号

24040194597

紹介番号を入力しても特典がもらえないケースがあるようですが、下のリンクからだと確実です。

エポスカードの紹介番号入力はコチラ

詳細は下の記事でも解説しています。

≫エポスカードの紹介番号(コード)はコレ!【2,500円もらえる】

Flyaway:ロサンゼルス空港〜市内に乗る際の注意点

注意点①:空港の国際線ターミナルは「トム・ブラッドレー」

ロサンゼルス空港の国際ターミナルは、ターミナル1みたいな数字ではなく、「トム・ブラッドレーターミナル」と呼びます。

ロサンゼルスから日本に帰国する場合は、運転手に「トム・ブラッドレーまで」と言うようにしましょう。

国内線でアメリカ国内移動をする場合は出発ターミナルを確認しておくとよいです。

注意点②:時間には余裕を持つのが大事

ロサンゼルス周辺では時間帯にもよりますが、ひどい渋滞が発生します。

そのため、飛行機の出発時間ギリギリにならないように余裕を持って空港に向かいましょう。

注意点③:現金決済は不可

Flyawayは現金で乗車券を支払うことができません。

エポスカード」などのコンタクトレス決済ができるクレジットカードを持っていれば問題ありませんが、もし持っていなければ事前にWEBかアプリから購入しておきましょう(事前購入はコチラ)。

Flyaway:ロサンゼルス空港〜市内のよくある質問

1. ハリウッドやロングビーチ行きは復活しないの?

コロナ前にはハリウッドやロングビーチ行きのバスがありましたが、残念ながら今のところいつ復活するかは未定。

このまま復活しない可能性も十分あります。

2. ハリウッドに行く場合はどうすればいい?

Flyawayでユニオンステーションまで向かって、その後メトロBラインに乗り換えるようにしましょう。

3. Flyawayの乗り場はどこ?

空港では、各ターミナルの到着口を出たら「Flyaway」の案内板に従って、下の画像の場所でバスが来るのを待ちます。

「Flyaway」の案内板
Flyawayのバス停 (引用:4travel

ユニオンステーションでは、駅の東口に向かいます。

Flyawayの案内板に従って、下の場所に行きましょう。

ここからFlyawayのバスに乗り込みます。

まとめ:Flyawayで空港とロサンゼルス市内を快適に移動しよう!

いかがでしたでしょうか。

今回は、ロサンゼルス空港と市内を結ぶ高速バスの「Flyaway」について解説しました。

Flyawayの料金は片道9.75ドル。30分間隔で運行しており、空港と市内の主要駅を結んでいるためかなり便利でした。

ただ、利用する際に現金で乗車券を支払うことはできないので注意が必要です。

乗車券の購入方法は「エポスカード」を使ったコンタクトレス決済が最もオススメでした。

Suicaみたいに、バスに乗車する際カードをタッチするだけで乗ることができます。

ちなみにエポスカードは海外旅行保険が無料でついてきたり、紹介キャンペーンの利用で合計2,500円がもらえたりとお得なのでこの機会にカードを作っておくとよいです。

\海外旅行保険が付帯/

エポスカードの発行へ

紹介コード入力で2,500円ゲット
紹介番号:24040194597

  • この記事を書いた人

こうわ

都内在住の20代|旧帝大理系→ブラック研究室→大学院中退して就職|ブログ400記事以上|Kindle出版|旅が趣味|自分が経験したことやお得な情報が好きなのでブログを通して発信しています。お仕事の依頼やコメントはお問合せフォームよりお願いします。

-旅行
-, , ,